FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出した気持



母が泣くたびに
小さい私は、いつも恐怖だった。
泣きながら部屋から出て行ってしまうので
私を置いてどこかへ行くのではと怖くて不安だった。


泣いている母を見ると痛くて悲しくて慰めたかった。


覚えているのは
何度となく 夢中で追いかけて行って
ハンカチを渡そうとしたこともあったけれども
いらないと拒絶されたこと
声をかけるけれども返事はなかったこと

無力感と、不安
自分は必要とされてないのではという思い

私がとても怖い思いをしている時にも
母は気が付いてくれなかったな


運転中にぼーっと考えていたら 
そんなことを思い出して
子供の私の気持ちを感じてしまって
涙で前が見えなくなって困りました。

私は悲しかったのだ、と思いました。














コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。