スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじちゃん

母の妹家族は、私の実家から、車で1時間ほどの所に住んでいます。

そのおばさん(母の妹)は4人兄弟の末っ子。

目が大きくて、明るくて、大きな声でよく笑っていました。

おじさん(その旦那)は、痩せていて、背が高く、ハンサムで一見おとなしそうだけど

きさくで、これまた明るい人。

銀行マンで、人当たりも良かった。

定年退職したあとは、結婚式の司会などしていたらしいです。


子供は 私と同じ年の女の子と、その下に男の子二人。


子供が同じ年頃だったこともあり、私の小学校時代、この家族とは時々一緒に出かけていました。

というより、この家族と一緒に遊びに出かけたことしか、わたし覚えておりません^^;

おじさん一家とは、ゴールデンウィークには、日帰りで山にワラビ採りに行って(なぜわらび!笑)

はんごうでご飯炊いて、バーベキューしたり

夏には、おじさんの会社の海の家に泊まって海水浴したり

お正月やお盆には、お爺ちゃんの家に集って、子供たちでトランプや、すごろくしたり

それが、楽しみで楽しみでしかたなかった。

おじさんは、あんまり飲めなかったこともあって

時々子供の中に入ってきて、トランプを教えてくれたりしていました。

そして、それがとってもうれしそうなのでした。


ある日、いとこと一緒におじさんの車に乗せてもらった時

おじさんが、自分の子供たちと、楽しそうに、テレビの子供番組の歌を歌っていたのには

ほんとうにカルチャーショックを受けた私でした 

いつも 明るい、幸せそうに見えた いとこ一家が、私にはまぶしかった。


そういえば、深いプールで 浮輪からはずれて 溺れかけていた私を救ってくれたのも

たまたま近くにいた おじさんでした。

おじさんのこと、たくさんの楽しい思い出とつながっています。


いとこたちはみんな結婚して、子供もあり、同じ市内に住んでいるので

おじさん夫婦は今、孫のお世話に忙しい毎日を送っているようです。


.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。



一番最初に、はんごうでご飯を炊いた時の事を覚えています。

今どきの、整備されたキャンプ場などではなかったので

石を積み上げて棒を渡し、はんごうをぶらさげて火をおこす。

お湯もわかして、ちょっとおこげのある炊けたご飯に、ボンカレー。

生まれて初めて食べるボンカレー、ものすごく美味しいと思いました。


父は、アウトドアが得意だったようで、飯盒用のかまどつくりから、火の加減など

はりきって皆に指示して、うれしそうで得意そうだった。

父がいると いつもぴりぴりしていた母も、その時は明るかった。


楽しかった子供の頃の、ひとコマ。



コメントの投稿

非公開コメント

ボンカレー^^

私も、初めて、飯ごうでごはんを炊いた時、食べたのが、ボンカレーで、ここに、びびびっと反応^^
小4ぐらいの時・・母の友達家族と河原に出かけて。
初めて見る、不思議な形の入れ物。
お米をかして、水の分量を手をつけてはかって、石を積み上げて、火を起こして・・。
どの作業も、初めてで、その、どれもが、とても新鮮で、わくわくしてた^^
そして、そのとき食べたボンカレーは、すっごくおいしかった^^
いろいろあるレトルトカレーの中でも、ボンカレーは、今でも、特別な感じがするよ^^

読んでいて、そらちゃんの、大切な記憶のひとコマ、ひとコマが、見える感じがしたよー^^
それと・・言い切ってますな^^

Re: ボンカレー^^

わ~そうなんだね!^^
まさか、同じような思い出のある人がいるなんて
思ってもいなかったです

まるちゃんと同じ、飯ごうで炊いたご飯とボンカレーの思い出、
そしてそれをコメントくれたこと
とってもうれしいです~!ありがとう^^

言いきって・・・ます(^_^;)
今回は意識的にそういうふうにしてみた~

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。