スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月23日振り返り

6月・子供は入学して、周りが見えだす頃タイムラグが出る

5月までに人間関係の構築ができる
(自分が通学などでいっぱいいっぱいだと、周りも見れない)

「めんどうくさい」の言葉の中身

友達と一緒にいると、違和感を感じる。

一人はさみしいけれど、それを感じないように「めんどうくさい」になる


感情開放すると、これでいいのか、という処罰感が出てくる

楽しいことを覚えていれば、また同じことをしたくなるはずだけれども

またしたくなるためには、欠乏しなくてはならない?

楽しいことばかりでは、いごこちが悪い(閉塞感。罪悪感)

感情開放→自由


子供のころ、家に帰った時、楽しかった顔のままで帰れなかった。

子供のころの癖を今でもしている

自分の気持ちが緩んだ時が大切 本心が出てくる


ゲーム・・・人の話を聞きたくない?ほかのことに熱中して、見ないようにする

楽しんだ罪悪感

できない劣等感

楽しんだことを維持できない

私も、楽しかったことを何度も話して記憶を固定していく、ということをしていない。


いごごちのいい場所と、定位置の居場所は違う

場所だけ、人数だけを広げるのか、内面をひろげるのか。

いつも、足にぴったりな靴を探しているのは、靴下を隠したい、から来ているのではないか。

自分の着たい服、好きで、履きたい靴、なら、心が喜び満足するはず

隠すためのものならば、満足しないものに執着していることになる。いつまでも満足せず、さまようことになる

靴下のことを、わかってほしい、の気持ちが完結していないのに、靴のことを満足したら、靴下のことがおいてきぼりになってしまう。
完結していくプロセス、記憶の中にあるのかも。


おやつに、手をかけたスパゲティーを出すのは苦にならない

調理実習で失敗した思い出

スパゲッティーに水をかけた記憶 笑った、許した

ゆでる行為に緩和があるのかも

パンは、好きなのか?
私は、パンを自分で作っている、手をかけている、というやり返しではないか。



子供が落ち着いているように見えるときは、溜めていっているのでは

試験を受けない選択をしたことで、安堵しているが、タイムラグで「できない自分」に落ちる

できなかった→処罰感情がのしかかってくる

現代の子供の力量のなさが、喜んではならない、を作っている

笑うには、笑う力がいる

子供同士では、つっこむことも、それを笑うこともできない

縛りを与えてしまっているので、過敏になっていて、傷つけ、傷ついてしまうので、そこを大人は認識しなければ、変われない。

親は、自分はこんなに我慢して、頑張っているのに、と思っているけれど、これは自分のトラウマからきているので、

ここがわからないと、同じトラウマを見ることはできない






















スポンサーサイト

怒りと訴え


そもそも、言葉で考えると、怒りというのは感情です。
訴えと言うのは行動、で、
感情とは、同じ土俵にあるものではありません。

では、なぜこの二つの違いを考える、ということになったかというと、
私たちが怒りと思っているものは、実は、ただの訴えだったのではないか。
感情だと思っていたものは、違ったものだったのではないか。
となったからです。

怒り、と言うのは、私の思うところ、
他のなにものでもない
人の目を気にするものでもなく、なんの裏もない、
ただただ、腹が立つ。
独立した、ほとばしる感情。

訴え、というものには、反対側に、人がいる。
こんなに大変なの、わかってほしい
こんなひどいことされた、わかってほしい
同情してほしい
変わってほしい
動いてほしい
どうにかしてほしい~

怒るってことが「悪いこと」という意識だった、私の思考回路は
理不尽なことをされて、怒りがわいた時も
自分の正当性をあれやこれや言い募って
だから、私はわるくないんだあ~~
となります。
自分を守って、いい子になりたかったり。
相手を悪い人にしておきたかったり。

それよりも、
あ~~腹が立つう~~私はおこってるんだあああ~
と思えて、それをフラットに聞いてくれる人がいれば、楽になるってもんです。

やり返したい
どうにかしてほしい、
人を動かしたい、
私は悪くないんだから
と思った時
それは、訴えになるような気がします。


私が怒り、というものを 「悪いもの」「だめなもの」「こわいもの」と思っていた、というのは
どこから来たものなのか。
考えてみるのもいいのかもしれません。

さみしい ということ

大人になって、
さみしいって、なに?みたいなかんじで過ごしてきてまして。

でも、ある時セッションで

私は、ずっと寂しかった。

そう、気がつき、やっとのことで認めて、言葉に出せて、
泣いていた時もありました。


その頃は
だれも、わかってくれなかった
だれも、気にしていてくれなかった
だれも、好きになってくれなかった
自分の居場所がなかった

みんな、ひど~いいい
こんな私、かわいそうだった~(ToT)

そんな思いが大きかったと思われ。
(それだって、自分がみじめに思えて、認めたくなかった)

そのあとからは
今の私は、子どもの頃の思いをずっとひきずっていて、
大人になってからも、
その寂しさを自分で作ってきたのではないかという気がしだしました。

どうせ、わかってくれないでしょ
どうせ、気にしてくれないでしょ
どうせ、だれも好きになってくれないし
それなら居場所なんて、いらないし。
仲間になんかも、入りたくない。←どんだけえらっそ~なのか^^;

ホントは、入りたくても入れなかったからだけど。
はいりたいの~って言えなかったからなのだけど。

周りの人々には
・・・言葉にはださなくても、私のその拒否オーラが伝わり、
ますます・・・
孤独に一直線・・・・

ひい~~~

ホントの寂しさとはちがう
自分で作り出した寂しいに、ひたって、すねているのか、そうでないのか。
あ、まだそんなこと、夫に対しては、私やっていそうな・・・^^;

















旅行好き その①


昨日、息子の住む街へと
一人で日帰りしてきました。

片道3時間以上。

でも、とっても楽しんでました。

車の中では音楽聴いて
フェリーの中ではではスマホ見たり、海をボーっと眺めたり
うどん食べてるおじさんを見てうらやましがったり
チョコレート食べたり、あったかい午後ティー飲んだり・・・

息子の就職活動用のスーツとか色々
届けるとか
部屋が汚いんじゃないかとか・・・
なんて、どうも口実で。

遠い街
違う(ような気がする)空気
おんなじようでどこか違う街並の中を
愛車で走る
スーパーに行ってみて
色々物色すること
ご当地ものとか見つけて、うひひと喜ぶ

ああ~こんなことが好きなんだなあと
帰ってから実感した一日でした。(^_^;)

りんりんさんと話してて判明したお出かけ好き
乗り物好きなのか?
どこかへ行くことがわくわくするのか?
今はそこのところは、わかりません。


肝心の息子の様子ですが
言葉には出しませんが
就職活動のストレスは相当のものであるようでした。

人より負荷が多いのだと思われますが
私が自分を責めても今は
どうにもならないと言い聞かせ
就職活動がどうなろうとも
これからを
見守って行きたいと思いました。

滞在時間、約5時間。
激励会の名目で、
息子のお勧め焼き肉店で
二人で美味しい焼き肉を食べ
帰ってまいりました~。


・・・その2に続く予定。・・・

実家に行ったこと

卒業式前の平日のお昼に
一人で実家に寄ってきました。

車で片道30分ほど。

ホントは普段でも
気楽に行ける距離です。

気持ちの上では
とてもとてもとおお~い
実家ではありました。

旦那や、子供が一緒でなければ、
その上で
えいやぁ ってな気でなければ行くことができなかった距離でした。


あの日、買物に行こうかな~と思って
実家の方向のスーパーに
そこでなければ、買えない冷凍食品があり
そのついでに
実家に寄ろうかな~と。。。

無意識には
実家に
行かねばならない
行きたい
が、あったのかもしれません。


行ったからと言って
特別何か、あったわけではありません。


母は、いつもの変わりようのない母で
そのひんやり感にひえ~と思ったり。

父は、ちょっと母にいらっとしているようでもあり。
いつもの変なままの父で。笑
パソコンの麻雀ゲームををしながら
「くそうっ」とか「ありゃ~」とかぶつぶつと言ってみたり。^m^
ゲームに勝って、パソコンに
「おめでとうございます!」とか言われてました~。

母とは、食卓の上に置いてあった
大根の漬物の話になり
その作り方を母が、メモしてくれたり。

そんな両親を見ながら
たわいない話をしながら

こんな時間を
こんな穏やかな時間を
大切にしていきたいなあと思っていました。

いつ、なくなるかもしれない
次には、もうないかもしれない。

(父は、認めていませんが
母は、痴呆症のなりかけです。)



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..


実は、私
「一期一会」っていう言葉が
嫌いでした、
っていうか
意味がわからなかった。

なんでこんな言葉をありがたがるんだろう

嫌な人とは 会いたくなかったし
会いたい人とは、またいつでも会えばいいんだし。

\(゜ロ\) (/ロ゜)/

意味を履き違えてた感もあるし

親との関係とは
違う話なのかもしれませんが(^_^;)






リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。